プロペシアは妊婦が触れることは禁忌

プロペシアは抜毛が症状のAGAの治療薬となっている薬です。
服用することで髪の成長を阻害して抜毛の原因となる酵素の働きを抑制し、髪の毛が抜けてしまうのを防いでくれる薬ですが、服用の際には注意点があります。
プロペシアに触れると危険な妊婦それは妊婦や授乳中の女性、妊娠する可能性がある女性が触れないようにするということです。
プロペシアは内服薬なので口から飲む薬なのですが、プロペシアに含まれている成分は経皮吸収されてしまいますので、何らかの原因で割れてしまった薬の粉末などが身体に付着すると、飲んでいなくてもそこから身体に吸収されてしまいます。
そして薬の成分が胎児に影響を与えてしまうのですが、特に男児の場合には性器の成長に大きな影響を与えてしまうことがわかっています。
男性ホルモンの分泌量を減少させてしまう働きがあるため、男児の性器を作るために必要な男性ホルモンが不足することになってしまうい性器の成長不良を引き起こしてしまいます。
また、妊婦ではなくても授乳中の場合にも赤ちゃんの栄養となるのはお母さんの食べたものから作られた母乳のため、プロペシアに触れてしまうとその成分が母乳を飲む赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があります。
そのため、プロペシアは女性、特に妊婦さんは触れることも禁忌となっていますし、男性であったとしても思春期を過ぎるまでは性器の成長に影響を与えてしまう可能性があるため、妊婦同様に触れることも禁忌だと言われています。
プロペシアを服用する場合には、服用する男性自身が薬の管理をしっかりと行って家族の女性が触れることがない場所にしまっておくなどし、割れた錠剤などがあった場合にも女性の手に触れないようにすることが重要です。