プロペシアは女性に使えない?

プロペシアはAGA治療に不可欠な、大変有用な薬ですが、男性にしか使用することができません。
プロペシアは女性は使えないのかと疑問に思っている女性女性の中にも薄毛に悩む人はたくさんいますが、女性にプロペシアを処方することは禁忌とされているのです。
その理由は胎児へ与える危険性が報告されていることによります。
女性がプロペシアを使用した場合、お腹の中に胎児がいればナチュラルに悪影響が与えられてしまうのです。
プロペシアの主成分はもともと前立腺肥大という病気の薬として開発されたものです。
前立腺は男性特有の臓器ですので、前立腺肥大は女性には関係のない病気と言えます。
しかし女性がプロペシアを使用すると、血液中にその成分が浸透し、お腹の胎児にまで影響を与えます。
動物実験では胎児の生殖器に異常をきたすことが報告されており、その結果として妊娠の可能性のある女性はプロペシアを使用してはいけないとされたのです。
また女性はプロペシアに触れることも避けなければいけないとされています。
じつはその成分が皮膚からも浸透する場合があるからです。
したがってもしパートナーがこの薬を利用しているときは、その保管にも気を付けなければいけません。
誤って触れたりしてしまえば上記に記したような影響が胎児に及ぶ可能性がありますので、必ず女性が触れないところに保管するように注意しましょう。
このように薄毛治療に必須となっているプロペシアには、女性や胎児にとってリスクとなることがあります。
最近は薬の通販サイトや薬の個人輸入を代行するサイトなどで簡単に購入することもできますが、自分自身と大切なパートナーを守るためには安易な自己判断での使用は危険です。
必ず医師の診察を一度は受けたうえで、用法や用量をしっかり守って利用しましょう。