プロペシアの初期脱毛は有名な効果なので慌てない

自分も脱毛じゃないかとを気にしている男性AGA治療として利用されるプロペシアには、初期脱毛という有名な効果が存在します。
初期脱毛については勘違いをしている人がとても多いですが、これは副作用などではありませんので効果が出てもあわてないようにしなくてはいけません。
そもそも、プロペシアと言うのは厳密に言うと発毛剤ではなく、発毛をするための下地を作ってくれる薬にすぎません。
AGAを発症させている人は、男性ホルモンによって髪の毛のヘアサイクルがくるっている状態にありますので、この状態では満足な育毛や発毛をすることができないのです。
ですから、プロペシアを利用してまずはこの狂ったヘアサイクルを正常に戻さなくてはいけません。
プロペシアを服用すると、それまで乱れていたヘアサイクルが正常に働き始めて、古くなっている髪の毛を脱毛させて新しいヘアサイクルを作ってくれる作用を発揮します。
そのうえで、脱毛作用の原因物質となっているDHTの効果を小さくする働きもありますので、発毛をしていくために必要な下地を整えてくれるわけです。
そのため、初期脱毛があるということは、その患者のヘアサイクルが正常に働き始めた証拠でもありますので、継続的に服用し続けると髪の毛を育成する環境を作ることができます。
反対に、初期脱毛があって不安に思ったからと言って勝手に薬の服用をやめてしまうと、正しいヘアサイクルを復活させることができなくなってしまうので髪の毛が抜けた状態のままとまってしまうことになります。
ですから、プロペシアは一度服用する際には少なくとも1年は継続的に服用することを覚悟して使わなくてはいけません。
そうすれば初期脱毛後に発毛の効果をきちんと期待することができるようになります。