プロペシアにもデメリットあるの?

最近特に注目を集めている薄毛の原因にAGAという病気が存在します。
これは医学の進歩によって徐々にメカニズムが解き明かされ、それを改善して失われた頭髪を取り戻す技術も進んできています。
簡単に言うと男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応してDHTという物質を生み出し、これを毛乳頭が感知することによって過剰な反応を引き起こし成長サイクルが大きく乱れてしまうこの病気ですが、病院機関での適切な治療を受けることで症状を改善することができます。
この治療にて使用されるのがプロペシアという錠剤ですが、これはその中に含まれるフィナステリドという成分が頭皮の5αリダクターゼの働きを抑制し、DHTの分量を抑制する効果を持っています。
このようにしてこれまで乱れていた頭髪の成長サイクルを正常化させることができるのです。
その一方で、プロペシアにはデメリットもあります。
まずは効き目に即効性がないので多くの場合には半年から1年ほどかけてじっくりと治療に専念しなければなりません。
また副作用に関するデメリットも存在します。
プロペシアの副作用で気分が滅入っている男性よく言われるところでは性欲減退や勃起不全などの男性ホルモンとの関わりがある部分い影響が出るほか、鬱症状などの精神的な部分への影響も懸念されています。
さらに肝機能障害や初期脱毛などへの注意も必要となります。
これらの症状はいざ使い始めると慣れっこになってしまい、どのような変化に見舞われているのかわからなくなるものです。
その状態をつぶさにはっきりとさせておくためにも、服用に際して日記をつけておくと一週間前の自分や一ヶ月前の自分、さらに半年前の自分の症状と比較することができて、もしも副作用が出ている場合にもすぐに気づくことができるでしょう。