プロペシアがAGAを治すメカニズム

AGAとは男性型脱毛症と訳される進行性の薄毛、脱毛症のことです。
そしてそれに対して有効性があるとされているのが、プロペシアと言う薬です。
ではどのようにしてAGAをプロペシアで治療するのかというと、それはAGAの原因を突き止めることで理解できます。
AGAのいちばん原因としては、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの存在が挙げられます。
これは普通の男性ホルモンよりも、より強力な作用を持っている男性ホルモンで、過剰に皮脂を分泌させたりする作用があります。
そのため頭皮の環境が悪化してしまい、発育や育毛が阻害され、それがやがては薄毛や脱毛につながると言うのがAGA発症のメカニズムです。
頭が薄毛になっている男性そしてジヒドロテストステロンが発生してしまう原因ですが、これは男性ホルモンのテストステロンが特定酵素と結合してしまうためです。
何故、結合してしまうのかと言うことは未だ明らかにされていません。
ただ特定酵素の受容体の数には個人差があるので、こうしたメカニズムが全く発生しない人もいると言うのは確かなことです。
プロペシアに含まれている有効成分には、この特定酵素の作用を妨害する作用があるとされています。
そのため、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されてしまうのを防ぐことが期待できる言うことです。
AGAの原因物質が発生しなくなれば、発毛や育毛の周期も少しずつ整っていき、やがては薄毛や脱毛が改善されていくと言うのが、プロペシアがAGAを治すメカニズムです。
プロペシアは、もともとは、やはりこの特定酵素が深く関係している前立腺肥大の治療現場で使用されていた成分です。
つまり医療現場で使用されていたわけですから、その効果の高さに関してもある程度は信頼を置くことができると言えます。

プロペシアと同じ成分のAGA治療薬の効果とは

プロペシアと同じ成分のAGA治療薬は数多くあります。
これらは基本的に成分が同じなので治療効果についてもほぼ同一と言えます。
ただし、コーティング剤に差異があるため、これによってわずかに吸収率の違いが出る可能性はあります。
しかし、プロペシアはこのわずかな違いが命に関わるような危険性のある薬ではないため、気にするようなものではありません。
効果が同じと言っても、利用の際にはいくつか注意しなければならない点もあります。
プロペシアの注意点などについて説明している医師まず、プロペシアは病院の処方が必要な薬なので、使用する際の注意点などの指導を医師から受けられますが、同一成分の薬を個人輸入で購入した場合はこれがありません。
薬には使用方法の注意書きがあるので、必ず読んでおきましょう。
特に有効成分であるフィナステリドはAGA治療で使用する1日の摂取量は1mgまでになります。
このフィナステリドは遺伝的に効き目が弱くなる人もいますが、病院で遺伝子検査を行えば有効性を確認できます。
個人輸入で薬を購入したときに効き目が弱く、摂取量が少ないので増やせば高い効果を得られると考えてしまうのは危険です。
摂取量を増やすと性欲減退や勃起不全、精子の減少などの副作用が出る危険性が高くなります。
肝臓にも負担がかかるので、摂取量は守らなければなりません。
初めて利用するときは病院で使用方法の説明を受け、遺伝子検査で自分に適しているか確認しておいた方が安全です。
また、個人輸入で購入することにもリスクがあります。
輸入代行業者の中には偽物や粗悪品を送ってくるケースもあります。
これは成分が異なっているので同一の効果を得ることができず、想定していない副作用が発生する可能性もあります。
そのため、信頼性のある業者であることを確認して利用しなければなりません。

プロペシアとミノキシジルは効果が実証された医薬品

育毛や発毛の手助けとして利用される育毛剤や発毛剤には、一般市場で簡単に購入することが可能な医薬部外品だけではなく、きちんと効果の実証された医薬品も存在します。
その代表的な医薬品として認められているものに、プロペシアミノキシジルと言う薬が挙げられます。
薬を使ってみて発毛したことを体感している男性プロペシアとミノキシジルは併用して使っていくことによって将来的な発毛作用を体感することができるようになります。
ただ、プロペシアとミノキシジルは同じ医薬品であることには変わりはないですが、効果やそれを利用する患者の目的がかなり異なっていますので、誤解をしている人も少なくありません。
間違った使い方をしてしまうと効果が半減してしまうどころか逆効果になってしまう可能性もあるので注意をしておきましょう。
一般的に、プロペシアと言う医薬品はAGA治療を目的として作られた薬であるため、用途はそれのみになっています。
もっと言えば、プロペシアは男性患者のみに利用することができる薬で女性はこの薬を使うどころか触れることすらできません。
プロペシアの成分は女性には毒であるため触れるだけでも身体に悪影響が生じる可能性があることが報告されているのです。
一方で、男性だけではなく女性にもミノキシジルが使えるので、女性の薄毛にはミノキシジル配合の治療薬で治すといいでしょう。
ミノキシジルは血管を拡張させるための薬であるため、男性患者のAGA治療に役立てることが可能なのは間違いありません。
しかし、ほかの脱毛症状に関しても一定の効果があることは認められているので、ミノキシジルの含有率が小さくなっている製品では女性であっても利用することができます。
そのため、ミノキシジルとプロペシアは目的が少し異なっていることを知っておきましょう。

おすすめ記事はこちら